初心者が注意すべきGoogle Adsenseのポリシー違反について

AdSense ポリシー違反

ウェブサイトやブログの非常にシンプルな収益化手段であるGoogle Adsense (グーグル・アドセンス)。

Google AdSenseは収益性はいいのですが、ポリシーが厳しく、扱っているテーマやブロガーによって頻繁に広告配信を止められてしまいます。

ここではGoogle AdSenseを始めた途端アカウント停止、アカウント削除という憂き目に合わないように、初心者向けの基本的なポリシー違反をまとめて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

 

Google AdSenseのポリシー違反

Google AdSenseでポリシー違反をすると、その違反をしているページに広告が表示されなくなります。

また、限度を超えていたり、サイト全体がそのような状況であったりすると、アカウントを停止され、Google AdSenseが使えなくなってしまいます。

 

それだけならまだしも、酷いとアカウント自体剥奪され、二度とGoogle AdSenseが使えなくなってしまします。

さすがにGoogle AdSenseのアカウント剥奪自体はほとんど聞きませんが(昔はよく聞きましたが…)、アカウント停止やページ単位での停止はよくあることなのでぜひ注意しておきましょう。

 

 

 

代表的なポリシー違反

AdSense ポリシー違反

Google AdSenseの代表的なポリシー違反を紹介します。

 

AdSenseの上には「広告」と明記する

まず多くの方が陥りやすいのがこの点です。

Google AdSenseは他のコンテンツからは区分けされ、「明らかにこれは広告だ」と理解できる状況でなくてはなりません。

そのため、他のコンテンツと区別がつくようにGoogle AdSenseは設置しなければなりません。

 

ですからもし、記事中や他のコンテンツの真下など、Google AdSenseがぱっと見で広告と理解できないような状況であれば、Google AdSenseの上部に大きめの文字で「スポンサーリンク」または「広告」と明記しましょう。

 

 

AdSenseを追尾広告にしない

広告の中にはPC向けサイトのサイドバーに、スクロールしても付いてくる「追尾型の広告」があります。

しかし、Google AdSenseは追尾型広告にすることはNGです。

最近ではWordPressなどのテーマ(デザイン)によってはサイドバーに追尾エリアが用意されており、簡単にGoogle Adsenseを入れてしまう方もいますが気をつけましょう。

 

また、時にGoogle AdSenseを追尾型広告にしているユーザーを見かけますが、それは上記のように勘違いしてミスを犯しているか、Googleが許可を出した特殊なサイトのみです。

真似はしないように気をつけましょう。

 

 

コンテンツを邪魔しない数だけ設置しましょう。

Google AdSenseの中でも最もメジャーな広告、画像バナー広告は以前まで3つまでしか設置できませんでした。しかし、ある時から設置する個数に制限はなくなりました。

Googleは新たに、サイトやコンテンツの品質を重要視し始めました。

 

例えば広告の設置個数が無制限になっても明確に違反とされるのは「サイト運営者様が提供したコンテンツよりも、広告の方が多いページ」です。

つまり、記事よりもGoogle AdSenseの方が多いと違反な訳です。裏を返せば、これからは3個未満でもコンテンツが少なかったらガイドライン違反となる可能性があります。

 

この辺りは、Googleの公式ガイドラインを見ながら慎重に自分のサイトや記事にあった数の広告を設置するように工夫するしかありません。

 

 

 

Google AdSense禁止コンテンツ

AdSense 禁止コンテンツ

Googleのコンテンツポリシーは、きちんと目を通しておきましょう。

Google AdSenseを使う上では様々なルールがありますが、中でも違反しやすく、ブロガーやアフィリエイターがチェックしておくべきなのは「禁止コンテンツ」です。

以下のようなコンテンツを含むサイトではGoogle AdSenseが停止されます。

 

  • アダルト コンテンツ
  • 個人、集団、組織を誹謗中傷するコンテンツ
  • 著作権で保護されているコンテンツ
  • 薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
  • ハッキング、クラッキングに関連したコンテンツ
  • 報酬プログラムを提供するサイト(「報酬提供」サイト)
  • Google ブランドを使用しているサイト
  • 暴力的なコンテンツ
  • 武器および兵器に関連したコンテンツ

 

基本的には警告、もしくはAdsenseが停止されるだけですが、酷いとアカウント剥奪の恐れもあります(児童ポルノを提供するなどよほどGoogle(アメリカの法律に準拠)にとって悪質でない限り、一発アカウント削除はありません)。

 

アカウントが停止されたり、警告を受けた場合、これらのコンテンツを含むページのみGoogle AdSenseを外したり、その記事を削除/修正するなどすることで対応できます。

 

 

アルコールに関する記事はNG

アダルトサイトや違法なサイトだけでなく、健全なサイトでもビールをはじめとするアルコール飲料の紹介はNGです。

美味しいビールを見つけてレビューをブログに書いた場合、Adsenseが停止される恐れがあります。

ただし、ワインはOKです。

 

 

アダルトコンテンツ

年齢制限が必要なアダルトコンテンツは全てNGです。

また、”アダルトコンテンツ的な要素があるコンテンツ”もNGです。

グロい画像や血が出ているような画像も原則ダメです。児童ポルノのようなコンテンツも米国基準ですので厳しいです(例えば二次元の児童であってもNGの可能性が高い)。

さらに、アダルトビデオなどの記事がNGなのは当然ですが、中には芸能人の水着画像でも広告停止を受けたという話もあります。

 

とはいえ、女性の水着姿がアダルトコンテンツというのは一般的に見て過剰反応であり、それはGoogleもわかっています。

グロい画像などにしてもそうですが、文脈も非常に重要です。

例えば、明らかにエロ目的で女性の水着姿を掲載するのと、海に関するコンテンツで挿絵的に女性の水着姿を掲載するのとでは、まるで意味が違いますよね。Googleはある程度その辺のことは認識しているので過剰に反応しすぎる必要もありません。

 

ちなみにGoogle AdSenseのルールの基準となる米国にも日本同様、ダブルスタンダード (不平等なルール、価値観)があり、女性の裸はNGだが男性の裸はOKです。

もちろんこれは「普通のアダルトサイトはNGだがゲイ向けポルノサイトにはAdSenseを設置できる」ということではありません。

しかし、Google側もこの手のコンテンツにはケースバイケースで対応しているということです。

 

 

他、コンテンツに関するNG

他にもGoogle AdSenseにはコンテンツに関するNGが多くあり、代表的なものでは

  • 犯罪を推奨、幇助するコンテンツ
  • 自殺を推奨、幇助するコンテンツ

などがあります。

 

また、「お小遣い稼ぎ系」コンテンツもNGなので、書き方によってはアフィリエイトやドロップシッピングについて書くのもNGになる可能性があります。

 

 

 

広告が停止した場合

アカウントが停止になる理由には、禁止コンテンツのように自分で気をつけるべきことだけではなく、他のサイトに広告を勝手に使われたり、いたずらクリックをされたりなど嫌がらせが原因の可能性もあります。

Google AdSenseは昔はそうした嫌がらせに弱かったのですが、最近では自動的に判別し、収益にならないようにしてくれるので、特に自分がなにか手を打つ必要はありません。

ですので、現在、Google AdSenseを使う上では上で紹介したようなポリシーを厳守することが大切です。それさえ守って入れば、アカウントが停止されることはまずありません。

 

もし、ポリシー違反でGoogle AdSenseの広告出稿が停止されても、焦らないようにしましょう。修正し、その旨を報告すればすぐに出稿再開します。

 

 

 

 

まとめ

Google AdSenseは非常に便利なシステムで、アフィリエイターやプロブロガーなどの収益化の重要なサービスです。

ですから、アカウントが停止にならないように慎重に運営すべきです。

 

また、先に述べた通り、Googleは企業メディアやアクセスの多いブロガーなど一部のGoogle AdSenseユーザーに特例を出しています。過去にあったのは、

  • AdSenseのバナーを3つしか設置できない時代に複数設置できた。
  • 特殊なサイズのAdSenseを設置できた。
  • Google AdSenseを追尾型広告とすることが許可された。

このような事例があります。

 

ですから、他のサイトや有名メディアがやってるから大丈夫と考えず、Google AdSense公式のポリシーを定期的にチェックし、ルールを守ってしっかりサイトを運営しましょう。