Google AdSenseとは|ブログで稼ぎたい初心者にオススメの広告

Google AdSense

ウェブサイト、ブログの収益化にオススメなGoogleのアドネットワーク(広告)である「Google AdSense」について紹介します。

 

Google AdSenseとは

Google AdSenseは、名前の通りGoogleが提供しているサービスです。

AdSenseはクリック保証型の広告で、基本的に購入ではなく、1クリックごとに報酬が支払われます。

 

簡単にいうと、Google AdSenseが提供している広告をブログに設置し、クリックされるとブログの運営者にお金が入る仕組みです。

広告は訪問者にあった広告が自動で表示されるので、趣味のブログからメディアのウェブサイト、初心者から上級者まで、幅広くお勧めできる広告です。

 

広告によって単価は変わりますが、1クリックあたり、10円~100円くらいが多い印象です(この点はブログのジャンルによって本当にまちまちです。中にはワンクリックで1万円を超えるものも…)。

 

アクセス数に比例して報酬が伸びていく傾向が強く、特に難しいことを考えなくても、サイトやブログを更新し、アクセスを稼ぐことができればGoogle AdSenseで稼ぐことができます。

 

 

Google AdSenseの良いところ・メリット

  • Googleアカウントを作って登録するだけで18歳以上なら誰でも作れる。
  • 広告を設置したらあとは自動でコンテンツ・読者にマッチした広告が表示されるので運用が簡単。
  • 管理も簡単。
  • 基本的にPV (ページビュー)と収益が比例するので、アフィリエイト等ができなくても、PVが多ければ収入の柱つになる。
  • 他のアフィリエイトと比べて報酬の確定・振り込みが早い。
  • AmazonやA8.netなどに商品がないテーマでサイトを作ったりブログを書いていた場合でも収益化が期待できる。

 

基本的に管理が不要で手軽に導入できるのがメリットです。

 

 

Google AdSenseの悪いところ・デメリット

  • PVが多くないと、収益化が難しい。
  • Google AdSenseを利用できない「禁止テーマ」が多い (例: アダルトサイト、お酒に関するブログ等)。
  • バナー広告であるため、サイトのデザインを損なう可能性がある。
  • 最近は始めるまでの審査が厳しい傾向にある。自分のブログやウェブサイトがガイドライン(ポリシー)違反していないか注意しましょう。

 

審査やガイドラインが少々厳しいのがデメリット。

 

 

 

まとめ

Google AdSenseは規約にさえ沿っていれば、どんなテーマや内容のサイトでも収益化ができるチャンスがあるため、初心者でも取り組みやすく、収入を得やすいです。

アフィリエイトやプロブロガーはもちろん、大手のメディアでもGoogle AdSenseはよく使われています。

特に内容が雑多なブログで稼ぎたいと考えているブロガーの方はぜひ導入しましょう!