ブラックハットSEOとは?|特徴とメリット・デメリット

ブラックハットSEOについて、特徴やメリット、デメリットについて解説します。

 

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOというのは、Googleのガイドラインに違反しているSEOです。

「ブラックSEO」、文脈で分かっている場合は単に「ブラック」とも言います。

 

ブラックハットSEOはGoogleに見つからないように、不正な手段で被リンクを獲得したり、Googleのボットを欺くことで、検索順位を上げる方法です。

例えば、記事の中に視認できない隠しテキストや隠しリンクを仕込んだり、被リンクをお金で買ったりするのがブラックハットSEOに当たります。

 

Googleのガイドラインに違反しているので、Googleに目を付けられるとサイトにはペナルティーが課せられ、サイトはインデクッスから削除されます。

Googleのアップデートで、かつて問題がなかった施策でもブラックハットSEOとなる場合があるので、ブラックハットSEOを避けている方は注意しましょう。

 

Googleのガイドラインとは?

「Googleのガイドライン」とはGoogleが提供するウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)のことです。

以下のページより確認できます。

 

ブラックハットSEOのメリット

短期間で自分のサイトや記事を検索上位にし、アフィリエイトなどの結果が出せることがブラックハットSEOの特徴です。

Googleの仕組みの穴をつくことで、不当にGoogleから評価を獲得し、検索上位を狙います。

そのため、ガイドラインに即した方法では上位表示が難しい数ページから数十ページの小規模なサイトでも上位表示が可能であり、効率的に利益を得ることができるのは大きなメリットです。

 

ブラックハットSEOのデメリット

ブラックハットSEOのデメリットはやはりペナルティーを受ける可能性が著しく高いことです。

特にGoogleの監視が厳しいジャンルだとペナルティーを受けやすいです。

せっかく成果が発生しても、ペナルティーを受けるとすぐに検索結果から消えてしまい、成果が出なくなってしまう可能性もあります。

 

そのため、長期的に見るとかなり不利なので、個人ブログや自分の会社のウェブサイトなど、長期的に運用するサイトにブラックハットSEOを施すことは非常に危険で、避けたほうが無難です。

 

また、ブラックハットSEOの場合、リンクを獲得するために費用がかかったりと、初心者や小資本の方には実施が難しのもデメリットです。

 

関連記事