サイテーションとは

「サイテーション(英:Citation)」は言葉自体は「引用」「言及」という意味です。

SEOにおいては「リンク以外の形による、他ページの参照」を意味するものとして使われます。

 

例えば、サイト名やURLをリンクではなくテキストとして記述した物などをリンクではない言及として「サイテーション」と呼びます。

 

Googleでは、通常、特定のコンテンツが別のコンテンツから言及、引用されている判断としてリンクを使います。

Googleではたくさんリンクされているコンテンツ=たくさん言及されているコンテンツ=優良なコンテンツという考え方に基づき、検索順位を決定しています(もちろんそれ以外にも判断基準はあるが)。

 

一方で、Googleマップの検索結果では少し勝手が違います。

Googleマップの場合、検索対象はウェブサイトではなく、実在の店舗や場所となるため、言及したり参照したりする際に必ずしも「リンク」を使えるとは限りません。

当然ですよね。例えば「東京タワー」について言及する際に、東京タワーのウェブサイトにリンクを貼ることはできても、東京タワー自体にリンクを貼ることはできません。

そのため、Googleマップではリンクではない店舗や会社の名前、さらには住所や電話番号などに関する記述を「サイテーション」として扱い、リンクと同じように評価の対象にすると言われています。

関連記事