ドメインセンスの重要性|ドメインはキレイな文字列で取得しましょう。

ドメインセンスの重要性

新しウェブサイトを立ち上げるに当たって、ドメインを選ぶ際はドメインセンスが大事です。

 

ドメインセンスがいい人が世界を獲る

 

ドメインセンスは世間で思われている以上に重要なことだと思います。

希望のドメイン名が取れなかったからといって、.infoや.pwみたいなマイナーで信頼性の低いドメインを使ってしまったり、ハイフンや数字を入れてしまうのはナンセンスですよね。

やはりローマ字の単語だけでドメインは取得したいものです。

.comはかなり厳しいですが、.jpや.netであればまだまだ取れるドメインは多いですしね。

 

もちろん、TwitterやInstagramのURL(ID)も同じです。

TwitterなどSNSのIDは無料で取得できるため、さらに厳しいけど、なるべく数字やアンダーバーを使わずに構成したいところ。

 

また、センスという意味ではドメインハックも見逃せません。

ドメインハックとは、本来、ドメインが持っている意味(国、団体等)を無視して、区切り符号であるピリオドをとった場合に、別の意味の単語になるようなドメインのこと、もしくはその様なドメインを作ることを言う。
例えば、blogs、family、wikiのスペリング(綴り字)を作りあげるために、トップレベルドメイン(TLD)に、.gs(南ジョージアと南サンドウィッチ諸島)や、.ly(リビア)や、.ki(キリバス)を選択し、その下の第2レベルのドメインを取得することで、blo.gsやfami.lyやwi.kiのドメイン名を作成する。

ドメインハック – Wikipedia

 

 

Googleはドメインセンスが高い!

中でもおしゃれなドメインハックはGoogleの親会社であるAlphabet。

ドメインはabc.xyzで、アルファベットの最初と最後の文字を揃えることでAlphabetを表しています。

これはかなりセンスがありますよね。もともとはAlphabet.comが取得できなかったからだと思うのですが、Alphabet.comに負けず劣らずの逆転の発想です。

 

もっとも、Googleは自社でドメイン売っているだけあって、他の子会社で使っているドメインも「x.company」「domains.google」(なんと.googleというドメインを持ってる!)ドメインセンスが素晴らしいです。

 

 

ブランド力をつける上で重要です。

ブランドが大切なWebサービスや会社だけでなく、アフィリエイトサイトや個人ブログでもドメインにはこだわりたいですね。

個人ブログだからといって数字やハイフンを入れたりせず、名前だけのドメインを取得できると、シンプルで短く、見た目がキレイなドメインになります。

 

もちろん、ただ綺麗というだけでなく、ブランディングにも役立つので、新しいドメインを取得する場合にはこだわりましょう。

特に会社名やブランド名の場合は多少お金がかかっても妥協せず取得しましょう。

 

オススメ記事

関連記事