独自ドメインを初めて取る際に知っておくべき7つのこと

ドメインを取得する

WordPress等で自分のブログやウェブサイトを作る際にはやはり独自ドメインでやりたいですよね。

そんな独自ドメインを取得する際に気をつけたいことを紹介します。

 

ドメインを取得する

自分のウェブサイトやブログを作る際はぜひ独自ドメインを取得しましょう。

自分の名前や自分のブランド名のドメインを持つことは非常に重要です。

 

ドメインの重要性は人によっては第二の住所、下手したら実際の住所より重要と言っても過言ではなりません。

そんなドメインを選ぶ際に気をつけたいこと、知っておきたいことを紹介します。

 

 

トップレベルドメインは有名なものを使う

トップレベルドメインとはドメインの最後の部分で、.jpや.comといった部分です。

基本的にトップレベルドメインはなんでも良いのですが、あまりメジャーじゃないものは避けましょう。

中にはスパムなどに使われる危険なドメインもありますからね…

 

基本的に日本でよく使われている有名なドメインならばなんでも良いといったところでしょうか。

一般的に有名で信頼もあるトップレベルドメインは、日本だと以下のドメインが有名で信頼出来ると思います。

  • .com
  • .net
  • .org
  • .jp
  • .co.jp

このうち.co.jpは日本の法人しか取得できないという制限があります。なので個人が取得するのは難しいのですが、その分文字列が空いている事が多く、信頼感も特に高いです。

 

 

信頼できるドメイン取得サービスを使う

ドメイン登録業者(ドメインを取得するためのサービス)は日本のサービスだけでもムームードメイン、バリュードメイン、お名前.comなどのたくさんのサービスがあります。

 

基本的にドメイン登録業者がアクセス数やPV、アフィリエイトの収入に影響を及ぼすということはないのでどこでも大丈夫です。

ですので、すでに利用しているドメイン登録業者があるならば、それを引き続き利用すれば良いと思います。無理に変えたり、ドメインを移管したりする必要はありません。

 

ただ、これからブログやウェブサイトを始めるために新たにドメインを取得するというのであれば、なるべく有名な大手のサービスを選びましょう。

無名のサービスや海外のサービス、サポートが充実していないサービスだと、何かトラブルが起こった際に困ります。

 

また、サービスによってはトラブルでドメインが一斉に停止 (ウェブサイトが公開できない)ということも十分ありえます。

ドメインはとても重要なものです。登録業者によって特に違いがないのは事実ですが、それでもやはり選べるのであれば少しでも信頼出来るサービスを使って取得、管理するのが良いのは言うまでもありません。

 

ドメインの取得はお名前.comがオススメ

当サイトではお名前.comをオススメしています。

お名前.comは大手で、信頼・安定感も高く、さらにドメインを安く取得できるキャンペーンを頻繁に行っているので取得しやすいです。

ドメインの種類が多く、トラブルが少ないのも魅力です。

 

ちなみに、当サイトのドメインもお名前.comで取得、運営しています。

(時々管理画面が遅いことと、お知らせメールの量が多いのがネックですが、安心感には勝てません笑)。

 

 

ドメインはWhois情報公開代行を使う

ドメインを登録する際は一緒に所有者の情報を公開しなければなりません。

名前や住所、連絡先ですね。これをWhois情報と言います。

 

Whois情報は非公開にする事は不可能です。

そこで、個人情報を晒したくない場合にはwhois情報公開代行サービスを使いましょう。これはドメインのWhois情報に代行会社の情報を公開する事で、自分の個人情報を守る方法です。

お名前.comを始め、多くのドメイン取得サービスはドメインを取得する際/後にWhois情報の公開代行を選ぶ事ができます。

お名前.comは新規取得の際に一緒に申し込めば無料です。他のサービスも大抵は無料でできるので安心してください。

 

ただし、公開代行ができないドメインもあるので、自分が取得すしたいドメインがWhosi情報公開代行できるドメインかどうかは事前にチェックしておきましょう。

例えば、お名前.comでは、.orgはWhois情報公開代行を選ぶことができません。

 

 

ドメインの値段は様々

ドメインの値段はドメインによって様々です。

中には年間50万円以上するものもありますが、一般的なドメインは100円~1,000円ほどで取得できます。

 

一般に日本でよく使用されるドメインの相場は以下の通りです。

ドメイン 年額料金
.jp ¥3,000
.net ¥1,000
.com ¥1,000
.org ¥600
.biz ¥600
.info ¥500
.me ¥900
.co.jp ¥4,000

 

ご覧の通り、日本のドメインが少々高いことがわかると思います。

ですので、こだわりがなければ.jpは避けたほうが良いでしょう。

 

また、.co.jpは法人しか取得できないので、会社のホームページなどに使うドメインを探してる場合は良いと思いますが、個人が取得することは難しいです。

 

 

ドメイン登録業者を分けるのはアリか?

トラブルに対応するためのリスクヘッジでドメイン登録業者を分ける方も見かけますが、普通はそこまでしなくても良いと思います。

下手にドメイン登録業者を使い分けていると、むしろ管理の手間の方が大変でしょう。

ドメインはサーバーほどトラブルがあるわけでもないので問題ないかと思います。

また、ドメインの管理サービスを変えたり、まとめるためにドメインを移管すると、追加料金や手数料がかかる場合もあります。

 

それでも上級者になり、何百というドメインを取得したり、中古ドメインを使ったりする場合には自然に利用するドメイン登録業者が複数になってくると思います。

ですので無理に使い分けず、成り行きに任せ、最も使いやすいように使い分けていれば良いでしょう。

 

 

ドメインの種類でSEOの効果は変わらない

.comを選ぼうが、.netを選ぼうがSEOの上で有利・不利はありません。

実際、珍しいドメインや最近出てきたドメインはあまりSEOの評価が良くないという話も聞きますが、噂の域を出ませんし、Googleは否定しています。

 

さすがにめちゃくちゃマイナーなドメインを使うのはお勧めしませんが、それなりに有名なドメインを選んでおけばSEO的にも良いでしょう。

 

 

日本語ドメイン or ローマ字ドメイン

日本語ドメインとローマ字ドメインの良し悪しはこれまでなんども話されてきましたが、現在はほとんどどちらでも良く、好みのレベルの話と言えると思います。

 

日本語ドメイン、ローマ字ドメインは好きな方を選べば良いと思います。

 

 

 

まとめ

ウェブサイトやメールアドレスに使うドメインは後から変更しづらいものです。

ドメインを取得する際は最初にしっかり考え、適切なドメインを取得しましょう。

 

ドメイン名は基本的に先願主義(早い者勝ち)なので、気になる言葉や名前があればすぐに取得しておきましょう。