Jekyllとは

Jekyllについて

Jekyll(ジキル)とは、静的サイトの生成を行うためのツールです。

Rubyでできており、RubyGemsで配布されています。

 

Jekyllはパソコンにインストールして使用します。

ウェブサイトやブログの各種要素(テンプレートやコンテンツなど)をHTMLやMarkdownで記述し、それをコマンドラインで実行すると、HTMLファイル一式を出力し、静的サイトを構成してくれます。

 

Jekyllの特徴

ウェブサイトやブログを作るCMSというと、WordPressやMovable Typeが有名です。

気軽にやるならFC2ブログやAmebaブログといった無料ブログも有名ですね。

 

JekyllがそうしたCMSや無料ブログと大きく違う点は、Jekyllがパソコンにインストールし、コマンドラインで管理するという点です。

例えば、WordPressやMovable Typeはレンタルサーバーなどにインストールし、管理画面から各種操作を行うことができます。

無料ブログは登録したらすぐに管理画面から更新できますよね。

 

WordPressの管理画面

↑管理画面の例(画像はWordPressのもの)

 

一方、コマンドラインというのはパソコンで文字だけで操作する仕組みです。

Jekyllはパソコンのこのような画面で操作します。

コマンドラインの例

↑コマンドラインの例(Jekyllのものではありません)

 

JekyllはサイトやブログをHTMLやMarkdownで記述し、コマンドを実行することで、ウェブサイトを静的に生成してくれます。

そのため、WordPressやMovable Type、各種無料ブログのように、サイトの管理画面にアクセスし、記事を書いたり、デザインをいじったりということはできません。

 

これまで無料ブログやWordPressを使っていて、ネット上の管理画面であれこれいじってきた方には使いづらいというかハードルが高いと思います。

ただし、Jekyllで無料ブログやWordPressのような管理画面を使えるようになるRuby製のソフトウェア「Jekyll Admin」というものもあります。

 

JekyllはHTMLベタ打ちを自動化するツールと考えるといいでしょう。

そしてその操作方法はコマンドラインという点が特徴です。

 

公式サイト(英語):Jekyll

関連記事