共起語とは

共起語

共起語とはなんなのでしょうか?

SEOにおいて重要な「共起語」について解説します。

 

共起語とは簡単に言うと、「特定の単語が出てきた時に、その周囲に出てきやすい、特定の単語」です。

 

例えば、「アフィリエイト」が特定の単語なら、その共起語は「アフィリエイトという言葉と同じ文章中に出てくることが多い単語」と言う事です。

 

例を挙げると、

「稼げる」「稼げない」
「初心者」「上級者」
「月収10万」「月収100万」
「ドメイン」「サイト」「SEO」「WordPress」

「アフィリエイト」という単語の周囲には、このような単語が使われることが多いですよね。

これが共起語です。

 

SEO的な側面

SEO的な観点でいうと、共起語とは、対策キーワード「A」で検索したとき、検索結果で上位表示されるコンテンツの中に多く現れる単語です。

上位表示されるということは、特定のキーワードが含まれたコンテンツに対してGoogleが一定の評価を与えているということです。

SEOに強いコンテンツを作成する際は、キーワードだけでなく、一緒に共起語を盛り込むと、Googleはそのコンテンツを網羅性や専門性の高い内容だと評価する傾向にあります。

文章の中に共起語を適切に使うことで、SEOの効果が高まると言うことです。

 

共起語と関連語の違いは?

共起語と似ている言葉に「関連語」があります。

「関連語」は「サジェストキーワード」ともいわれます。

これは、特定の単語と一緒に検索されることが多い特定の単語です。

検索エンジンにキーワードを入力すると、検索ボックスの下に入力候補が出てきますが、これが関連語です。

 

例えば、多くの方が「アフィリエイト 稼げる」と検索すれば、「アフィリエイト」と検索するときに「アフィリエイト 稼げる」と出てくるようになります。

検索する際に、特定の単語と合わせて使われている単語が関連語で、特定の単語と合わせて一つの文脈に登場しやすいのが「共起語」です。

 

SEO的には関連語をうまく共起語としてコンテンツに盛り込むことで、検索に強いコンテンツが作れます。

関連記事