サイト、ブログのSSL化とは?

ブログのSSL化はなるべく早い段階で行った方が良いです。

 

SSLとは?

SSLは簡単に言うと通信を暗号化する仕組みです。

SSLに対応しているサイトはURLの最初のhttpの部分に「https:example.com」と言うようにSが付いているのが目印です。

そのため、SSLとほぼ同じ意味でHTTPSと言われることもありますね。

この2つは正確には別の言葉ですが、サイトやブログを暗号化するという文脈ではSSLもHTTPSもほとんど同じ意味で使われています。

 

通信が暗号化されていると何が良いのか?

通信を傍受(盗み見)された際に、サイトがSSL化されていると、通信が暗号化されているため内容がわかりません。

例えば、通販サイトに住所やクレジットカード番号を入力した場合、通信を傍受されていると、傍受している人に住所やクレジットカード番号が丸わかりです。

ですが、SSL化していれば通信が暗号化されているため、傍受されても住所やクレジットカード番号はバレません。

 

ただのブログならいざ知らず、お問い合わせフォームが設置してあるサイトなど、わずかでも個人情報や一般に公開しない情報を預かるサイトであればSSL化しましょう。

ブログを丸ごとSSL化しておけば、自分がブログにログインするための情報(メールアドレスやパスワードなど)も暗号化されるので安心です。

 

SEOにも有利!

またウェブマスター的にはGoogleのSEOで考慮される問題です。

こうした理由から、Google では過去数か月にわたり、Google のランキング アルゴリズムでのシグナルとして、暗号化された安全な接続をサイトで使用しているかを考慮に入れたテストを実施してきました。この実験ではよい結果が得られているため、ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

 

SSL化は早めにするのが吉

SSL化すると、URLがhttp:example.comからhttps:example.comに変わってしまいますし、サイトの引っ越しも面倒になります。

ですので、これからSSL化を考えている方は、長く使えるレンタルサーバーを選び、早い段階で(理想は当然サイトの立ち上げ時)SSL化した方がいいでしょう。

私は最近立ち上げているサイトは全て最初からSSL化しています。

 

URLが変わるのは大きな問題ですよね。特にアクセスが多いサイトや収入が多いサイトだと一層URL変更はリスクを伴います。

一応、リダイレクトすれば問題ないはずですが…リダイレクトしても順位が下がった、アクセスが減ったという声もあります。

 

なのでSSL化には注意が必要です。既存のサイトは慎重に、新規サイトは最初からSSL化が基本でしょう。

とはいえ、いずれはSSL化すべきなので、タイミングを見て既存サイトも早めにSSL化したほうがいでしょう。

最近では大手のメディアサイトでもSSL化が進んできましたしね。

 

無料のSSLもあるので安心

サイトをSSL化するためにはお金がかかることもあるのですが、最近では無料でSSLが使えるレンタルサーバーも増えたので嬉しいですね。

例えば、エックスサーバーであれば、無料で何サイトでもSSL対応ができます。

SEO上も重要になってくるので、SSL化していない方は早めに対応しましょう!

関連記事