アフィリエイトと確定申告

アフィリエイトと確定申告

アフィリエイトの収入は、一定額を超えた場合、確定深刻が必要になります。

 

確定申告とは

確定申告とは一年間の収入や経費、所得などを税務署に申告することです。

会社勤めの場合、税金は源泉徴収という形で自動的に引かれているので、多くの場合確定申告をする必要はありません。

ただし、医療費控除を使う場合や2箇所以上から給料をもらっている場合は会社勤めの場合も確定申告が必要になります。

 

アフィリエイトの収入も本業や副業の有無にかかわらず、一定額を超えた場合、確定申告が必要です。

 

アフィリエイト収入で確定申告が必要になるケース

アフィリエイトで以下の収入があった場合は確定申告が必要になります。

  • 給与収入などがある人で、年間所得の合計が20万円を超えた場合
  • 他に収入がない人で、年間所得の合計が38万円を超えた場合

 

所得とは収入から必要経費を差し引いた金額のことです。

  • 収入ー経費=所得

 

例えば、アフィリエイトの収入が年間100万円、記事を書くために読んだ書籍代が20万円なら、100万-20万で合計80万円が所得になります。

 

アフィリエイトで経費になるもの

アフィリエイトの場合、経費となるものはドメイン代やサーバー代、記事を書くために参考にした書籍代やセミナー代などが当てはまります。

もっとも、アフィリエイト収入を得るためにかかった費用で荒れば基本的になんでも経費になるので、気になる経費がある場合は調べてみてください。

経費になるのかよくわからない場合は税務署や税理士に聞くのがオススメです。

 

まとめ

近年、株やFX、仮想通貨、そしてアフィリエイトなど、ネット系副業に対する税務署の目は厳しくなっています。

申告すべき所得があるのに申告しなかったら脱税です。

脱税がバレたら追加の税金を払う必要があるだけでなく、場合によっては罰金や腸液もあり得るので注意しましょう。

関連記事