ホワイトハットSEOとは?|特徴とメリット・デメリット

ホワイトハットSEOについて、特徴やメリット、デメリットについて解説します。

 

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOというのは、Googleの検索エンジンのガイドラインに準拠したSEOです。

ホワイトSEO、文脈で分かっている場合は単にホワイトとも言います。

 

ホワイトハットSEOはGoogleのガイドラインに沿って、自然に被リンクを獲得したり、サイト内部の構造やメタを調整、最適化して検索順位を上げる方法です。

 

Googleのガイドラインとは?

「Googleのガイドライン」とはGoogleが提供するウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)のことです。

以下のページより確認できます。

 

ホワイトハットSEOのメリット

ホワイトハットSEOのメリットは何と言っても、Googleからのペナルティを受ける可能性が非常に低いことです。

普通に運営してる分にはGoogleからのペナルティー(特に手動ペナルティ)を受けることはまずありません。

また、Googleのアップデートにも強い作りになります。

そのため、サイトやブログを長い時間をかけて育てて行くことができ、長期的には大きくて力のあるサイトが作れる可能性が高いです。

会社のウェブサイトや大手メディア、個人ブログなど、ブランド重視で長期的に運営していくサイトやブログを作るならホワイトハットSEO一択です。

 

また、何もしなくても自然とホワイトハットSEOになり、お金も特にかからないので、初心者でも手を出しやすいのが特徴です。

 

ホワイトハットSEOのデメリット

ホワイトハットSEOのデメリットは成果が出るまで時間がかかることです。

どうしても普通にコンテンツを作っていて、被リンクを獲得していくのは難しいので、Googleから評価され、上位表示されるのは時間がかかります。

アフィリエイトサイトの場合などは、なかなか投じた資金が回収できないので、大変です。

長期間の運用を前提としたサイトや趣味のブログであればそこまで気になりませんが、計画的にサイトを量産する場合などは成果が出るまでの時間がかなりネックになるかもしれません。

関連記事