WordPress.orgとWordPress.comの違い

WordPress.comとWordPress.orgの違い

WordPress.orgとWordPress.comの違いについて説明します。

 

WordPress.org と WordPress.com の違い

ブログ型のCMSとして有名なWordPressですが、実は2種類あります。

WordPress.orgとWordPress.comという2つのWordPressがあるのですが、違いが分かりにくい部分もあると思うので、比較しつつ違いを説明したいと思います。

 

 

WordPress (インストール型)

WordPress.org

WordPressはWordPress.orgから無料でダウンロードできるオープンソースブログ・CMSソフトウェアです。

簡単に言うとウェブサイト(特にブログ)を簡単に作ったり、管理するためのソフトです。

 

WordPressといった場合はこのWordPress.orgを指します。

公式でも、WordPressといった場合はWordPress.orgをさしていますね。

 

WordPressを開発しているのはボランティアとして参加している貢献者のコミュニティです。

 

WordPressの特徴は自由度の高いライセンスで、規約を守る限りどんなウェブサイトでも作れます(アダルトサイトや法人利用など何でも自由!)。

 

WordPressの使い方

インストール型のWordPressはWordPress.orgからソフトをダウンロードし、自分で用意したサーバーとデータベースにインストールして使います。サーバーとデータベースはレンタルサーバーを使うことが多いです。

カスタマイズも自由で、テーマやプラグインを自由にインストールすることができ、また開発も自由です。

HTML、CSS、PHPを使うことでどんなウェブサイトにもカスタマイズできるのが大きな強みです。

 

一方で、インストール型のWordPressは基本的なWordPressがWordPress.orgからダウンロードできるだけで、管理、保守、運用、カスタマイズ、全て自分でやらなければいけないということがデメリットです。

下手に弄ればサイトが表示されなくなったりデータが消えてしまう可能性もあります。

 

WordPress.orgの特徴

  • サーバー、データベースに自分でインストールして使う
  • テーマ、プラグイン、カスタマイズが自由
  • カスタマイズの幅が広いため、ブログ、ニュースメディア、通販サイトなど様々なサイトが作れる。

 

 

WordPress.com (無料ブログ)

WordPress.com

WordPress.comはレンタルブログ (いわゆる無料ブログ)です。

会員登録し、数ステップでブログを作成することができます。基本的な構成やできることはWordPress.orgと同じですが、テーマやプラグインが公式ディレクトリに登録されている一部しか使えなかったり、カスタマイズの自由度が低いです。

 

一方、どういじってもサイトが表示されなくなったり、データが消えてしまったりしないように配慮されて設計されているため、操作ミスでブログが消えてしまうということがないように出来ています。

もちろん記事の削除などはできますが、管理画面から普通に操作するだけです。「データベースをいじっていたら記事が消えてしまった」などということは起こりません。(そもそもWordPress.comはデータベースがいじれません。)

 

また、WordPress.comには有料プランがあり、アップグレードすると広告を非表示にしたり、画像や動画を保存する容量を増やせたりします。

 

WordPress.comの特徴

  • 無料で使える
  • 操作ミス等でサーバーやデータベースのデータが消える心配がない
  • 使えるテーマやプラグイン、カスタマイズに制限がある

 

 

 

まとめ

WordPress.comはあくまで無料ブログです。なのでただブログを始めてみたいというならばわかりやすくシンプルでオススメです。

しかし、ブログ以外の本格的なウェブサイトを作りたい方や、HTMLやCSS、PHPを勉強したい方、プロブロガーやアフィリエイターとしてブログを更新する方はWordPress.orgのインストール型のWordPressが良いでしょう。

WordPress.comには機能が拡張される有料プランもありますが、レンタルサーバーを借りてWordPressをインストールする方が自由度が高く良いと思います。

 

WordPressはどちらも名前が一緒で、ややこしいのは中の人も認めるところですが、実際にカスタマイズなどを始めると、できることが大きく違うので自分に適した方をしっかり選びましょう。