エックスサーバーの転送量は?|どれだけのアクセスに耐えられるのか?

エックスサーバー 転送量

エックスサーバーの転送量について解説します。

 

エックスサーバーの転送量

エックスサーバーの転送量は以下の通りです。

X10 X20 X30
70GB/日 90GB/日 100GB/日

 

転送量は「決められた期間内にどれだけのデータのやりとり(転送)が出来るか」ということです。

カンタンに言うと「どれだけのアクセスに耐えられるか?」ということです。

 

転送量が少ないと、アクセスが集まった時に表示されなくなったり、表示が遅くなったりする事があります。

ですから、多くのアクセスに耐えるためにはこの転送量が多いレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

 

一般的にエックスサーバーという場合はX10プランを指します。1日で70GBですね。月間2,100GBほどということになります。

月間2,100GBというと、テキスト中心の一般的なWordPressを使ったブログで、月間250万PVくらいまで耐えられる転送量になります。

ただし、これはあくまで単純計算で、実際には画像の量やサイトのデザイン、負荷対策の有無等によって大きく変わります。

 

100万PVが一つの目安

様々な口コミや評価を見てみると、だいたいエックスサーバーの一番下のプランであるX10プラン(70GB/日)では月間100万PVまでが快適に使える目安です。

100万PVというと、個人ブログはもちろん、メディアやニュースサイトでも小規模なサイトならば問題ない量ですね。

もちろん、画像や動画を減らしたり、キャッシュを活用したりと負荷対策をすればもっと多くのPVにも耐えられます。

 

転送量をオーバーすると警告が

転送量は多少のオーバーならば問題ありませんが、転送量を超えている状態が継続している場合などには警告のメールが届くようです。

その後、改善がなければアクセス制限などの対策が取られる可能性もあります。

 

ですので、転送量オーバーの連絡を受け取ったら、サーバー移転やX20やX30へのプラン変更をしましょう。

ちなみにX20やX30へのプラン変更はサーバーアカウントの容量などの機能が変化するのみで、データの移動を行う必要はありません。

ユーザー側で行う必要がある作業はないので安心です。

 

エックスサーバーは安定感抜群、転送量も問題なし

エックスサーバーの転送量は他のレンタルサーバーと比べても多く、安心です。

月額900円~で70GB/日の転送量はかなりお得な量だと思います。

 

サイトやブログを続けていると、Twitterで予想以上に拡散したり、影響力のあるブログで紹介されたり、テレビでメインテーマと同じもの(FXブログだったらFXに関するもの)が取り上げられたりして、非常に爆発的なアクセスが発生することがあります。

そのように注目を浴びた時は、多くのアクセスをブログに集めるチャンスなのですが、格安レンタルサーバーなど、脆弱なサーバーを使っているとすぐにサイトが落ちてしまいます。

 

サイトが落ちていては、読者がせっかく訪問してくれてもサイトを見ることができませんし、SEO的にもマイナスです。

ですから、ウェブサイトやブログを運営する際には絶対にサイトを落とさないように心がけることが大切です。

 

その点、エックスサーバーが耐えられる月間100万~250万PVは熱心にサイトを運営していてもなかなか到達できる数字ではありません。

エックスサーバーの転送量はかなり余裕があると言えるでしょう。

 

オススメ記事

関連記事